2015/05/05

「就活期間の短期化」 「産学・地域で支援を」関大・吉原氏、「早期就業体験は不可欠」人材紹介・田中氏

平成28年卒の採用にからむ主要企業の会社説明会が解禁されて1カ月あまり。経団連の指針変更に伴い、就職活動の解禁は前年から3カ月、面接などの解禁時期(8月1日)も4カ月それぞれ遅れた。企業と官公庁の選考時期が重なるなど、短期決戦の就活による影響も出始めている。就活短期化の影響を、関西大学キャリアセンターの吉原健二事務局長と、人材紹介ベンチャー、Waris(ワリス、東京)の田中美和共同創業者に聞いた。

clm1504100008-p1