2015/06/26

「後ろ倒し」となった就活の時期 再考求める署名開始

政府が要望し、経団連が定めた「就活後ろ倒し」だが、すこぶる評判が悪い。これは、2016年に卒業・修了予定の学生に対する就職について、これまで12月1日に解禁されていた企業による広報活動が3月1日となり、採用選考活動は8月1日以降となるというものだ。

 本来「学業に専念してもらう」という意図があったものの蓋を開けてみれば経団連加盟企業以外が早々と内定を出したり、加盟企業(大手が中心)に行きたい学生も「押さえ」として結局今の時期も就職活動をする事態となっている。