イマドキ若手社員の仕事に対する意識調査2017 若手社員の半数「一時的に労働時間増えても挑戦したい」

若手の労働意識 二極化顕著に

株式会社日本能率協会マネジメントセンター(代表取締役社長:長谷川隆、東京都中央区、以下JMAM[ジェイマム])は、2016年~2017年に入社した若手社員207名、上司・先輩社員207名に対し、若手社員の「働き方」と指導者の「接し方」のアンケート調査を実施しました。このたび調査結果を取りまとめましたので、その内容を一部抜粋してお知らせします。

昨今の若年層は、幼少時からインターネットに親しみ、不況やグローバル化による格差社会を経験し、特有な労働意識を持っていると言われています。年間1,500社を超える若手育成に携わるJMAMでは、そのような若年層の思考性や労働意識を把握し、採用や育成におけるヒントを探るため、2016年から若手社員の「働き方」と指導者の「接し方」に関する実態調査を行っています。