2015/11/27

ベンチャー企業が東大生を採用できた3つのポイント【前編】

採用担当者は、子に対する親の期待を十分に想像し、理解をするべき

ほとんどの優秀な(自分に自信がある)学生は自分も、その親も有名企業に就職するものだと潜在意識から刷り込まれています。

冒頭で見ていただいた父親から息子に対して送られたメールにあるように、高学歴である学生ほど親の子に対する期待は大きいものです。 我々採用担当者は、この背景を十分に想像し理解する必要があります。