2015/07/23

人事が感じる16採用の課題「学生の選考モード調整」が最多

人材採用コンサルティング会社、株式会社ジョブウェブは、2016年度新卒採用実施企業を対象に採用活動に関する調査を行い、「採用活動の後ろ倒しによる影響による16卒採用の課題」について尋ねました。その結果、16卒の採用の課題は『学生の選考モード調整』が57.1%、次いで『クロージング時期』42.9%。16卒採用で追加母集団形成を検討中企業は78.6%となり、その具体的な施策内容は『新卒紹介』が28.6%で最多。また翌17年卒のインターンシップは実施予定が39.3%で最多。できれば実施したいも含めると71.4%。という結果となりました。