2015/07/14

内定前と内定後に待ち受ける“2つの囲い込み”

2015年5月1日時点での、2016年卒業予定の大学生の就職内定率は、「約20.7%」という数値が報道されていました。この数値を見て分かる通り、経団連が公言していた2016年卒業予定の就職活動時期変更は、根本的に崩壊していることが分かります。また5月に内定をもらっている学生の特徴として早期の動き出しが挙げられます。