内定後の対応と受入れ体制を考える

応募者は、面接官を信頼して入社を決断します。応募者の期待を裏切らないためには、内定後のフォローと入社に向けての受入れ体制についても気を配ってください。採用業務は、採用したら終わりではありません。採用した新入社員が入社後戦力となり活躍することで、採用が成功したと言えます。
内定者の心理を含めて内定後の対応と受入れ体制について考えてみましょう。