2015/12/16

内定者への満足度は6年連続で減少。2017年卒採用に関して約6割が「厳しくなる」と回答。会社説明会は3月に集中し、面接開始・内々定出し開始も早まる様相

内定者への満足度は、「質・量ともに満足」とした企業の割合は29.7%(対前年比3.3pt減)となり、2010年卒調査から6年連続で減少となっている。
採用活動の印象は、「前年より厳しかった」が61.4%(対前年比8.2pt増)と6割を超え、「前年並みに厳しかった」と回答した32.8%(対前年比5.0pt減)を加えると「厳しかった」が94.2%(対前年比3.2pt増)となり、大半の企業にとって厳しい採用戦線だったことがうかがえる結果となった。厳しかった理由としては、「母集団の確保」が63.0%で最も高い割合だったが、「採用活動スケジュール変更への対応」も56.7%と過半数を超え、もとより採用環境が厳しい状況だった上、「採用活動スケジュール変更」が追い打ちをかける形になった。