2015/05/01

就活生の2人に1人が「解禁前」に就活開始、すでに5%の学生が内定を獲得

株式会社マクロミルが、1都6県に住む就職活動中の大学3年生と大学院1年生を対象に「就職活動に関する調査」を実施したところ、就活生の2人に1人が「解禁前」に就活スタート、すでに5%の学生が内定を獲得していることが明らかになった。2016年の卒業予定者から、就活の解禁時期がこれまでの12月から3月に繰り下げになった。就活スタートのタイミングを尋ねたところ、「解禁前」に始めた人は46%、「3月1日の解禁後」に始めた(始める)人は36%、「4月以降」に始める人は18%だった。また、3月中旬時点ですでに「内定が出ている」と回答した人が5%おり、平均1.7社から内定が出ていることがわかった。

33