2015/07/08

応募が殺到する求人票を書くために。自社の「SWOT分析」を実施しよう

求人票を書くときは、ついつい自社が伝えたいことを羅列してしまいがちです。しかし、届けたい相手に的確に伝わらなければ、いくら書いてもまったく意味がありません。求人票を書く上で大切なのは、求める人材を明確にして、その人に向けたラブレターをつくること。企業が伝えたいことを羅列するのではなく、求める人材が欲しいと思うであろう情報を見極め、メッセージをつくることが大切なのです。そのための準備として必要なのが、誰に対するメッセージなのかを明確にするための「人材要件定義」と、「自社分析」です。​今回は経営分析で使うフレームワークの「SWOT分析」を使った「自社分析」方法をご紹介します。