2015/07/07

経団連の新卒採用後ずれ 大手に集中 中小困惑

経団連が二〇一六年四月に入社する新卒の採用活動の日程を前年よりも遅らせたことに、中小企業から困惑する声が上がっている。中小企業の採用活動は大手が内定を出し始めた五月ごろに本格化するのが慣例だが、活動を遅らせた今年は採用時期が大手と重なり、学生が大手の人気企業に集中しているためだ。若者の確保に苦労する中小企業に大手の方針転換が追い打ちをかけている。