2016/01/14

「4月解禁に戻すべき」半数 新卒採用で企業トップ

経団連が2年連続で就活スケジュールを変更したことに対し、県内企業の経営トップの約半数が、面接など選考解禁時期を、2015年春に卒業・就職した学生たちの日程だった「大学4年の4月」に戻すべきと考えていることが、静岡新聞社が実施したアンケートで分かった。