2016/07/04

【イベントレポート】人事担当者向け勉強会!テモナ × DeNA の「待たない採用戦略」

こんにちは! Pooleの塚本です。

昨年の11月から開始してきた「待たない採用イベント」もついに7回目。過去のイベントに半分以上ご参加いただいている方もいらっしゃっり、うれしい限りです! 私も毎回毎回本当に勉強になっています。

今回は5月21日に開催をした「テモナ株式会社」と「株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)」の採用戦略についてイベントレポートです。ご参考にしてみてください。

ベンチャー企業なのに新卒比率が85%。テモナ株式会社の3つの採用戦略

テモナ株式会社は、定期通販に特化したカートシステム「たまごリピート」、販促ツール「ヒキアゲール」などを開発・運営している企業です。

過去中途採用をおこないましたが離職率が半年で8割にもなり、思い切って中途採用から新卒採用へ180度転換。

新卒と中途を合わせ、5月現在42名(1年で2.3倍)が入社し、ベンチャー企業なのにもかかわらず新卒比率が現在85%を締めています。

「理念経営が徹底されていないと、結局誰も残ってくれない」と感じた取締役CTOの中野氏が、実際におこなったことをお話いただきました。

man テモナ株式会社 取締役 CTO 中野賀通
中学及び工業高校の教員を経て、ベンチャー企業にて事業の立ち上げや国内大手企業のマーケティング基盤構築のプロジェクトに数多く従事。現在はシステム開発統括業務を軸に、社内インフラ整備から採用・教育まで幅広い分野で活動。
1.共通のものさしを導入し、自分たちを知る手がかりに

採用のミスマッチをなくすために、まずうちの企業にはどんな人がいるのか、どんな人を必要としているのかを知るのが重要と考え、ストレングスファインダーというツールを取り入れることにしました。

これは、長い質問に答えていくと、繰り返し現れる“考え”や“行動”、“才能”が定義され、34種類にタイプが分類されるもの。