2016/08/10

【初調査】マイナビ「“就活自己採点”調査」を発表!「あなたの就職活動に点数をつけると?」自己採点は、平均「71.4点」

2017年卒業予定の学生を対象とした「2017年卒マイナビ学生就職モニター調査 7月の活動状況」の中で、今回初めて「“就活自己採点”調査」を実施しました。本調査は、ここまでの就職活動について、学生に100点満点で自己採点してもらったほか、『難易度』『意欲度』『多忙度』『心労度』『満足度』の5項目に対しても、10段階で評価してもらいました。結果は以下の通りです。

2017年卒業予定の学生を対象とした「2017年卒マイナビ学生就職モニター調査 7月の活動状況」の中で、今回初めて「“就活自己採点”調査」を実施しました。本調査は、ここまでの就職活動について、学生に100点満点で自己採点してもらったほか、『難易度』『意欲度』『多忙度』『心労度』『満足度』の5項目に対しても、10段階で評価してもらいました。結果は以下の通りです。

===================================================
①総合評価(100点満点中) 全体:71.4点
文系男子:67.8点 / 理系男子:73.4点 / 文系女子:71.6点 / 理系女子:71.0点
===================================================

▼点数をつけた理由 一部抜粋(自由記述)
・理系男子/100点:1年前から志望していた企業に内定をいただいたから。
・文系女子/100点:自分が心から納得いって、就職したいと思える企業を見つけられたから。
・文系男子/90点:自分の適性にあった就職先を見つけることができたからよかった。
・理系男子/90点:第一志望は無理だったが、業界大手から内定を貰うことができた。
・理系女子/90点:第一希望の企業ではないが、思っていたよりもずっと福利厚生のしっかりした会社に就職できたため。
・文系女子/80点:もっと早くから準備すればよかったとは思うが、結果的に内々定先に満足はしているためそんなに後悔はない。
・理系男子/80点:業界の中で会社を絞る軸が決まるのが遅くなり前半やみくもにエントリーしてしまっていたため。
・理系男子/75点:早い段階からの、計画・対策が功を奏した。一方で、受ける企業数はもっと多くしても良かったと思う。