2015/11/05

【後編】対策編②関係性持続のための「メール」

キャリアセンターへの接触はゴールではなくあくまでスタート。継続して学生を紹介してもらい、学内セミナーの参加を案内してもらうために関係性の持続が必要になる。だが、随時訪問することは現実的ではない。その際に活用したいのが「メール」だ。