2016/10/14

内定受諾 決め手は「ノー残業」「成長性」 大学生座談会

人手不足を背景に今年の採用市場は例年以上に学生優位になり、複数の企業から内々定を得ている学生も多い。彼らはどのような基準で入社する企業を決めたのかを座談会形式で聞いた。

女性も無理なく
 ――どのような基準で入社する企業を決めたのですか。

 西村 私はイベント企画・製作会社とインターネット広告会社の2社から内々定をもらいました。入社するのはインターネット広告会社です。その会社で長く働いている女性社員が「忙しくない時期であれば定時で帰宅できる」と話しているのを聞いて、女性である私も無理なく働き続けられると考えました。

 断った方の会社には長時間の残業が当たり前といった雰囲気がありました。内々定者を集めた会合で社員が「並べたイスの上で寝る練習をしておくように」と言ったのを聞いて、働く環境がかなり悪いのではないかと不安に感じました。

 ――女性は働きやすさに重きを置く傾向が強いようですね。川田さんはどうですか。