2016/08/01

内定辞退が5年前の3倍強!変わる採用戦略 就活期間短く学生も判断基準が固まらない

2017年卒業予定の学生たちの7月1日時点での就職内定率は70.8%(リクルートキャリア「就職みらい研究所」)。新卒の採用活動を終了する企業もある一方で、内定を辞退する学生も少なくありません。

5年ほど前と比べて、新卒採用における内定出しや辞退には、構造変化が起きています。2011年卒生と昨年の2016年卒生の調査結果を比べてみると、採用予定者数に対する辞退者数の割合が、5年間で3.4倍にも膨らんでいることがわかっています。