2016/10/06

娘の就活、「楽」でなかった! 「ブラックだから薦めない」と力説した説明会 ネットに社員の書き込み半端ない会社…

平成29年卒業予定の大学生を対象とした企業の内定式が、10月に入って相次いで実施された。今年の就職活動は人手不足で企業の採用意欲が強く、売り手市場との見方が一般的。事実、就職情報のマイナビが大学生・大学院生を対象に就活を表す漢字1字を尋ねたところ、「楽」が1位だった。しかし、文系に限って言えば男女ともに「苦」が1位。私の娘も決して楽ではない就職活動を行った。

 娘は某大学の経済学部4回生。ゼミの卒業生は金融機関や公務員など硬い職業が多い。しかし、そういった分野にはあまり興味を示さずにさまざまな業種を研究し、会社説明会に足を運んだ。マスコミにはまったく関心がなかったようだ。

 活動を開始して早々に、本音と建前の世界に直面した。それは誰もが知っている企業の説明会に行ったとき。著名大学か強力なコネのある人間しか採用しないと思っていたが、事前説明では「門戸は広く開放している」。それを真に受けて足を運んだ。

 現場でも「当社は大学名を問いません。本日から選考活動です」と強調していたが、終了後に「Aさーん、Bさーん、Cさーん。ちょっと来てください」と3人が別室に呼ばれた。「できレースか」と参加者は皆ずっこけたらしいが、さすがちょくちょく不祥事が発覚する会社。採用活動も不透明感が漂う。