2016/06/24

就活生が不満爆発!「トンデモ面接」の8実態 「礼儀知らず」「常識はずれ」はむしろ企業側

今年の就活生の印象を企業の採用担当者に聞いたところ、「おとなしい、まじめ」「打たれ弱い」「自分で考えない、指示待ち」「画一的、金太郎飴」「安定志向」といった言葉が出てくる。さらに、会社説明会などで無断キャンセルする学生の比率が高まっており、「社会常識が無い」「礼儀を知らない」という不満コメントも少なくない。

一方、採用する企業側は学生からどう見られているのだろうか?学生に企業の面接官の印象を聞くと、ネガティブな感想がどんどん出てきて、社会常識の無さや礼儀知らずという指摘は、むしろ社会人の方にあてはまるのでは、とすら思えてしまう。その傾向はもしかするとここ最近強まっているのかもしれない。HR総研が2015年に就職活動をした学生(2016年卒生)を対象にしたアンケート結果を傾向別にまとめ、採用面接のワースト8を筆者の独断と偏見で並べてみた。

社長から「僕の15分を返せ」

就職四季報プラスワンの記事一覧はこちら
1.社長・役員面接がひどい
社長・役員と言えば会社の顔。彼らの印象は学生の入社意欲に大きく影響する。しかし、面接官としてのレクチャーを受けていないからか、いつもの態度が出てしまうからか、社長・役員が面接で悪印象を与えることは少なくないようだ。アンケートには次のようなコメントが書かれていた。