2016/06/13

男子学生が選ぶ「就職人気」100社ランキング

6月から企業の採用選考活動が解禁となり、採用面接や内定出しが相次いでいる。なお多くが就職活動を続けている2017年卒業予定の学生たちだが、彼らはどんな企業に興味を示しているのだろうか。

東洋経済オンラインでは、就活中の学生を対象にした「就職ブランドランキング調査」の結果を定期的に発表している。これは文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所の調査を基にしたもので、調査対象者は、同社の就職サイト「ブンナビ!」に登録している学生だ。

2017年春に大学や大学院を卒業予定の学生を対象にした調査結果は、4月26日に「最新!『就職人気ランキング』ベスト300社」と題して、総合順位300位までの企業を発表している。今回、それに加えて男女別、文理別など属性別に分けたランキングも作成することにした。まずはその中から、対象を男子学生に絞った「就職人気ランキング・男子学生版」のトップ100社を届けする。

調査期間は16年2月10日から4月10日まで。ランキングに「前半」とあるのは、同調査が、年に2回実施しているからだ。憧れやイメージが強く反映される就職活動の「前半」と、企業説明会や面接を経た「後半」とでは、学生の企業へのイメージも異なると考え、それぞれのタイミングで調査を実施している(後半ランキングは毎年8~9月頃に速報を発表する予定)。

なお、ランキング表には参考値として、2017年卒・前半の総合(男女)順位と、2016年卒・前半男子の順位を掲載した。