2016/07/19

空き時間に重宝「就活カフェ」 様々な意見に触れて損はない

今回のテーマは「就活カフェ」です。就活カフェとは、就活生が無料ないし低料金で、時間を気にせず過ごせるカフェのことです。

就活生は一人になりがち

お茶を飲んでほっとするだけでなく
お茶を飲んでほっとするだけでなく
就活生は、意識せずにいると一人になりがちです。自分の部屋で、あるいは、志望企業の近くのスターバックスで。他の就活生はライバルですし、大学の友人も、志望業界や企業が異なれば話す機会が少なくなります。

大学のキャリアセンターに話を聞いてもらえればいいのですが、オフィス街で開かれる説明会や面接が増えるにつれ、大学に戻る機会も少なくなってしまいます。そういう事情を見越して、オフィス街にキャリアセンターのサテライトオフィスを設けている大学もあります。

関西であれば、関関同立のうち関西学院、同志社、立命館の3校がいずれも大阪市内に設置。同市の梅田や本町などまで電車で30分圏内の関西大もやはり、梅田にサテライトオフィスを置いています。さらに今年10月には、阪急梅田駅の近くに「関西大梅田キャンパス(愛称:KANDAI Me RISE(かんだいみらいず)」の開設を予定しています。

一方、学生の間で認知度が上がり、利用が広がっているのが就活カフェです。

料金は無料か数百円程度。お茶を飲むだけでなく、電源が使えるうえに、Wi-Fiやコピー機なども揃っています。忙しく面接、セミナーなどに飛び回る就活生が気軽に入り、空き時間をゆっくり過ごせる場所として重宝です。

カフェによっては、カウンセラーが常駐し、就活相談に乗ってくれるところもありますし、企業の採用担当者によるセミナーや企業説明会・選考会を実施するところもあります。

こうした就活カフェは、企業側の広告契約などによって運営されています。企業にすれば、学生に自社をアピールすることができるので、広告を出す価値があります。

首都圏には、「キャリぷら」(神保町)、「地方のミカタ就活カフェ」(新宿)、「就トモCAFE」(新宿)、「賢者屋」(新宿)、「CAMPUSPLUS」(渋谷)、「知るカフェ」(東京大学前、早稲田大学前、慶応義塾大学前)、「PASONA学職カフェ」(東京)、「GARAGE」(早稲田、秋葉原)などがあります。

関西には、「PASONA学職カフェ」(大阪・本町)、「就活CAFE」(大阪・梅田)、「知るカフェ」(関西大学、同志社大学、京都大学、立命館大学、神戸大学などのそれぞれ近辺)、「キャリぷら」(大阪・本町)などがあります。