2016/04/12

超短期決戦の17新卒採用をこうやって乗り切れ!採用担当歴10年の筆者が教える「中小企業の戦い方」

中小企業が新卒採用をやりきるのに一番大切なのは、「3月末まで粘ること」です。

なんだそんなことか?とお思いかもしれませんが、これが全ての基本であり一番大事な姿勢です。採用活動を6月末までで綺麗に終わらせるのではなく、泥臭く、2段構え、3段構えで3月末までやり切る覚悟を決めるんです。

でも、実際、採用担当同士で集まる会合などでも「今年は予定数に全然足りなかったんだよね~」とグチっている担当者に限って、新卒採用をシーズンオフになる夏以前で綺麗にまとめて手仕舞いしてしまっている。シーズンオフ以降も翌年3月末まで続く新卒採用戦線を諦め、早々に撤退しちゃっているんですね。中小企業にとって、夏以降の採用戦線こそが本番であり、土俵際での粘り腰を見せる正念場なのに。