18年卒の就活が本格スタートへ 省エネ就活で学生のアピール力低下、企業の満足度下がる

2018年の新卒予定者が対象となる就職・採用活動が、3月1日から本格的にスタートする。17卒の新卒予定者に向けた採用活動は好調な企業業績を背景に活発化したが、同様の基調が続くと見られる。リクルートキャリアの研究機関である就職みらい研究所の岡崎仁美所長に、前年の振り返りとともに今年の展望について聞いた。

省エネ就活の弊害

ーー前年の特徴は

「3月に号砲が鳴ったら一気に駆け抜ける必要がある『まっしぐら就職』だった。説明会への参加にもすぐに申し込まなければならないし、エントリーシートの締め切りも3月末にピークを迎えるなど、集中的な活動を強いられたからだ。従来は時間的に余裕があったため幅広く会社研究を行えたが、現在は難しい。大学側は『もっと視野を広げよう』とアドバイスするが、『こんなに忙しいのに、そんなことは考えられない』と学生から強く反論された、といったエピソードをよく聞いた」