2016/12/20

2017卒採用「厳しかった」理由は?

マイナビは12月14日、「2017年卒マイナビ企業新卒内定状況調査」の結果を発表した。同調査は10月3日~11月2日、新卒採用実績のある国内企業2,572社(上場488社、非上場2,084社)を対象に行われた。

約9割が今年の採用活動は「厳しかった」と回答

今年(17年卒)の募集人数及び、調査時点の内定者数と、前年(16年卒)の入社実績数を比較した。全体の平均で前年実績比13.9%増の採用数を目指して募集を行ったものの、内定者数は前年実績数にほぼ到達したところ(前年実績比0.2%増)で、採用増の目標を達成するのは難しい状況であることがわかった。採用充足率は87.7%(対前年1.4pt増)だった。

採用活動の印象について聞くと、「前年より厳しかった」が41.9%(対前年19.5pt減)、「前年並みに厳しかった」が47.0%(対前年14.2pt増)と、9割近くが「厳しかった」と回答。「前年より楽だった」は8.4%(対前年4.8pt増)だった。