2016/12/12

「リファレンス(推薦)就活」は日本で浸透するか

保護者世代とずいぶん変わっている就職活動の仕組み。毎年少しずつ変化が見られますが、ここへ来て従来と異なった方法が出てきたのはご存じでしょうか。

その名も「リファレンス就活」。まだ本格的に広がってはいませんが、今後日本でははやりそうな仕組みだと考えます。まずこの就活の仕組みを簡単に整理しましょう。

リファレンスは日本語に訳すと「推薦」の意味になりますが、会社で働いている先輩が就活生を推薦することで、内定につながるか、または近づくというものです。例えばサークルやゼミの先輩と話す中で、「君はうちの会社に合っているね!良かったら推薦するよ」というような流れで推薦することで、内定または選考が優遇されるというものです。おそらく転職市場では“ヘッドハンティング”との名称でリファレンスに近いものがありますが、新卒市場では、あまりなじみのない仕組みでしょう。

これがもし本格的に浸透することになれば、以下のようなメリットまたはデメリットが生じることが予想されます。

以下でそれを個条書きで整理します。

【学生側】(行きたい企業に内定することを目的とした場合)

■メリット

・企業とのミスマッチ解消

・就活の効率化が図れる

■デメリット

・リファレンスの基準が曖昧なので、不公平感が出てしまう

・コネクションが重要となるので、所属している大学やゼミなどの組織によって公平性が失われてしまう

【企業側】(優秀な人材を確保することを目的とした場合)

■メリット

・学生とのミスマッチ解消

・内定辞退の防止

・採用予算を抑えることができる

■デメリット

・リファレンスの基準が曖昧なので、必ずしもいい人材が取れるとはかぎらない

・結局同じような人材しか集まらないようになってしまう