2017/01/25

「採用とは営業である」ビズリーチやラクスルが実践した創業期採用の”科学”

「急拡大する組織の採用/育成/文化作り」【K16-3A】セッションの書き起し記事をいよいよ公開!9回シリーズ(その2)は、各登壇者に創業期の採用において苦労したこと・取り組んだことについてお話し頂きました。ベンチャーを始めたての生々しいお話に是非御覧ください。

ICCカンファンレンスは新産業のトップリーダー160名以上が登壇する日本最大級の招待制カンファレンスです。次回ICCカンファレンス FUKUOKA 2017は2017年2月21〜23日 福岡市での開催を予定しております。

五十嵐 特に皆さん、今でこそ非常に大きな会社になっていますが、創業期の採用をどのように行っていくかというのは、スタートアップにとって共通の課題です。

当初は1人だったり、せいぜい3人や5人程度の規模のチームでスタートすることが多いと思いますが、最初の段階ではどのように採用を行ったのか、特に最初の1人目、つまり創業メンバーではない「知らない人」の採用はどのようにしたのかも含めて、聞いていきたいと思います。