2017/08/10

「2018年卒マイナビ大学生就職内定率調査」を発表

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2018年卒業予定の全国大学生、大学院生を対象とした「2018年卒マイナビ大学生就職内定率調査」の結果を発表しました。
本調査は、幅広い層の学生から内定率を調査することを目的として、2010年3月より開始し、今年で8年目となります。調査結果の概要は以下の通りです。

<調査結果の概要>
■ 大学生、大学院生の7月の内々定率は78.9%と前月から緩やかに上昇

2017年7月末時点の内々定率は78.9%と前月6月末と比較して5.6pt増加した。5月末から6月末の内々定率が20.0pt増加したことに比べると緩やかな上昇で、企業が内々定を出すピークは6月であったことが予想される。全体の進捗は、前年(2016年)8月末時点の内々定率の77.5%を1.4pt上回り、引き続き1カ月程度早いペースで進んでおり、現段階で8割近い学生が内々定を保有している状況となった。