2016/11/29

「21世紀の就職はどうあるべきか」を考えたい

採用コンサルタント/アナリスト谷出 正直(体育専門学群 1999年入学 / 大学院 2003年入学)
新卒採用のスペシャリストとして、新聞や雑誌などメディアに注目されている谷出さん。いつ、誰に、どんな相談をされても答えられるようにと、採用の実務に関わること、日々コツコツと新卒採用や就職に関する最新情報を収集し、分析するのは、大手求人広告会社に勤めていた会社員時代、一度、つまずいてしまった経験が大きいという。筑波大で陸上競技に没頭していた彼が、“人材”という領域を極めようと思った経緯は一体何だったのだろう?

「常に自己新記録を出す」と目標を立てた
体専、そして陸上競技部に所属していましたが、昔から運動は得意でしたか?

小さい頃から運動は好きでしたが、実は、得意ではなかったです。小学生の頃、鉄棒の逆上がりや飛び箱、泳ぐことができず、残って練習させられるような子供でした。ただ、「できない」と諦めるのではなく、猛練習して、どれもできるようになりました。これらの経験から、「何事もできる」という感覚、「できるようになった喜び」を幼いうちに持てたことが良かったですね。