2017/05/24

【内々定率速報】2018年卒学生の内々定率調査を実施!昨年よりもペースが早い内々定。その反面、殆どの学生が就職活動を継続中。

株式会社学情(本社:大阪市北区/東京都中央区、 代表取締役社長:中井清和)は、2017年5月8日~5月13日の期間で、2018年卒業予定の学生を対象に就職活動・内々定に関する調査を実施いたしました。

株式会社学情(本社:大阪市北区/東京都中央区、 代表取締役社長:中井清和)は、2017年5月8日~5月13日の期間で、2018年卒業予定の学生を対象に就職活動・内々定に関する調査を実施いたしました。

■国公立・私立【理系】
国公立・私立大の理系学生の内々定率は38.6%、活動率は87.6%

国公立大学・私立大学共に理系学生について、全体内々定率は38.6%(昨年同時期28.8%)で、私立の内々定率が大幅に上昇する結果となりました。

■国公立【文系】
国公立大の文系学生の内々定率は32.2%、活動率は92.1%

国公立大学の文系学生について、全体内々定率は32.2%。昨年同時期と比べて5.2ポイント上昇しました。その反面、就職活動を継続していることを示す活動率の全体の数値は、92.1%と高い水準を維持しています。