2017/01/30

【必見】学生がこないなら会いにいこう|有名私大近辺の貸会議室をピックアップしてみた

「ターゲット学生は明確だが、その学生の集客に苦戦している」

そのような悩みを抱えている企業の方は少なくないと思います。志望度の高い学生を集客するだけではなく、志望度は低くても(ないに等しくても)まずはターゲット学生といかに出会うかが重要で、惹きつけはそこから徐々におこなっていくようなやり方も必要になってくるように感じています。

【参考】|リアル接触率30%→60%へ!優秀な人材の採用に欠かせない「戦術」と「KPI」

そのために、「ターゲットとなる学生の大学の近くでセミナーを実施する」ということもひとつの方法としてあるのではないでしょうか。ただ、そこで通常の形式でおこなうのではなく、たとえば「大学の近くで実施するし、スーツ、履歴書はいらないから気軽にきてね」というだけで参加の心理ハードルが下がり、「交通費もかからないし、じゃあいってみようかな」となるケースもあります。
勉強や研究で忙しい学生や体育会系の学生がふらっときてくれるかもしれません。