ご存知ですか?このマーク~人材確保への“遠くて近い”道のり(1)~

平成29年5月以降、厚生労働省WEBサイトで毎月更新されている「労働基準関係法令違反に係る公表事案」は、コンプライアンスの観点でのいわゆる“ブラック企業”リストと呼べるだろう。
いっぽうそれとは対照的に、労働安全衛生や両立支援、女性活躍、若者雇用等に優れた事業者を省庁レベルで認定・公表する制度もまた、存在している。
全4回にわたる連載の中で、これらの認定を示すマークをご紹介し、人材確保へ向けた課題解決の糸口をお示ししたい。

安全衛生優良企業公表制度(マーク名称:Wマーク)とは

特に新規学卒の採用市場において、いわゆる“ブラックorホワイト”という選社軸は、その定義があいまいなまま、もはや求人側も求職側も無視できないほどに意識されつつあるのが実情ではないだろうか。