2017/03/08

まずはファンになってもらうこと。“負け組”三幸製菓が見出した、究極の新卒採用方法とは

お菓子を作り続けること54年。これまで「雪の宿」や「チーズアーモンド」といったヒット商品を世に送り出してきた三幸製菓。「♪いっこでも〜にこにこ三幸のあられ・おせんべい」というキャッチフレーズが耳に残っている人も多いだろう。

そんな同社が仕掛ける採用活動が、ユニークで面白い。「おせんべいが好き?」、「ニイガタで働ける?」という2つの質問に答え、メールアドレスを入力するだけで即エントリーというから驚きだ。

ナビサイトにお金を払って行う採用活動が一般的な中、なぜユニークなユーザー体験を提供する採用活動を始めたのか?そして、この採用活動によって“新卒”という毎年入れ替わる顧客をいかに短期間で”ファン”へと育成していったのか?

三幸製菓の採用活動を手掛ける人事部の本間聡子さんに、この取り組みの裏側について話を伺ってきました。