ゆとり世代の転職が絶えない「本当の理由」

日本で1年間に何人が転職を経験しているかご存じだろうか。総務省統計局の「労働力調査」によると、2016年の転職者は306万人。2008年のリーマンショック以降、転職者数は減少傾向にあったが、7年ぶりに300万人を超えた。

転職市場の主役はアラサー世代

年齢別に見ると、25~34歳が77万人と最も多く、転職者全体の4分の1を占める。

昨今は35歳以上の転職者が増加していると言われるが、35~44歳の就業者全体に占める転職者の割合はここ5年間で大きな変化はなく、25~34歳は約7%、35~44歳は約4%だ。