2017/01/20

インターンシップ参加は80%超、参加企業からの後日接触は76.9%。インターンを軸に企業広報の展開が強まる結果に。

株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:新留正朗)は、2018年卒業予定のキャリタス就活・学生モニターを対象に、就職意識や準備状況などの調査を行いました。(調査時期:2017年1月1日~2017年1月6日 回答数:1.203人)

1.就職先企業を選ぶ際に重視する点
○「安定している」が47.6%で最多。学生の安定志向が浮き彫りの結果になりました。
○「仕事内容が魅力的」は年々低下し、4年で半減(37.8%→18.9%)しました。

2.就職活動準備に関して
○準備として行った内容のトップ3は「自己分析」、「業界・企業研究」、「学内のガイダンスに参加の順でした。
○「インターンシップに参加」「就職準備イベントに参加」が年々増加しており、企業との直接的な接触できる内容の人気が高いようです。