2017/04/19

ゲームへの愛が就職活動に役立つ“いちゲー採用”に込められた狙いとは? カヤックの人事担当に聞く

●ゲームユーザー歓喜の人材採用活動がスタート!

 “一芸に秀でる者は多芸に通ず”ということわざがある。“ひとつの道を極めた者は、ほかの分野にも通じる道理を身につけている”という意味合いのようだが、どのような分野であろうと、己の能力を研ぎ澄ませている人はやはり美しい。当然のこと、それはゲームにあっても同様!ということで、“一芸”ならぬ“いちゲー”に秀でた人材を採用するという“いちゲー採用”を、人材採用活動に活用するメーカーが現れた。面白法人カヤックだ。“いちゲー採用”とは、ゲームのプレイ実績やゲームと向き合う姿勢を評価し選考する採用方法。ゲームに対する熱意やスキルが就職活動に役立つなんて、「ゲームでばかり遊んで!」なんて母親から注意されてばかりいた状況からすると、まさに夢のような時代が来たと言える。

 この“いちゲー採用”、詳細は公式サイトをご確認いただきたいのだが、選考コースには“プラチナトロフィー選考”、“ゲーム履歴書選考”、“協力プレイ選考”の3種類が用意されており、いずれかをパスすれば、2次面接に進めるようになっている。

 まさに、“面白法人”の面目躍如とも言える“いちゲー採用”だが、どのような経緯で行われることになったのか?  “いちゲー採用”を企画した、カヤック 人事部のみよしこういち氏に聞いた。