2017/02/14

ヤフーが「新卒一括採用」を廃止した結果

個人の働き方の選択肢を増やす――。それこそが、ヤフーの宮坂学社長が目指す「働き方改革」だ(第1回、第2回参照)。新幹線通勤や自転車通勤を認め、採用方式を「ポテンシャル採用」に一新。その真意を聞いた。
(出典:文藝春秋2017年1月号・全5回)

新幹線もオフィスになる

16年9月から新幹線通勤を認め、月額15万円までの定期代を支給する制度を始めたのは、子育てや介護をしながら働く社員が増えてきたことがひとつの理由です。

新幹線という技術革新のおかげで、東京に通勤できる範囲は広がりました。月額15万円以内で通えるのは、東海道新幹線は静岡県の静岡、上越新幹線は新潟県の越後湯沢、東北新幹線は福島県の新白河まで。これまで出張先だった地域が今では通勤圏となり、現在数十人が新幹線通勤をしています。