2017/06/13

中堅・中小企業、内定時期は早まり就職活動は短期化 2017年度意識調査 

 東京商工会議所は、東京商工会議所主催の「新入社員ビジネス基礎講座」に参加した中堅・中小企業の新入社員1,042名を対象に行った意識調査結果を公表した。

 調査によると、「就職活動は順調だったか」の問いに、「順調だった」「ほぼ順調だった」と回答した割合は57.9%。2016年度の59.9%と比べ低下しているものの依然として 6割弱に達しており、学生にとって売り手市場の継続が伺える結果となった。