2017/11/07

中小へいらっしゃーい 就活終盤 工夫凝らす

大阪府、常駐の就職支援カウンセラーで背中押す

人材不足に悩む中小企業に、就職活動終盤に入った学生や転職組の目を向けてもらおうと、自治体が工夫を凝らしている。合同求人説明会やインターンシップの回数を増やし、「売り手市場」で大手志向の強い学生らに魅力を伝える。約42万社が集まる大阪府は今年度から、合同説明会に就職支援カウンセラーを常駐させ、地元の優良中小企業を知ってもらおうと懸命だ。