2017/03/30

中小企業「採用ブランディング」の確立はトップ主導で行うことが成功の鍵!

「ブランディング」とは、自社の製品などの特徴や競合他社の製品との違いを明確に示すことで、自社や自社商品に対する顧客の興味関心を高め、顧客にとって価値のあるブランドに構築し、信頼関係を築き、深めていくことだと思います。

それに対して「採用ブランディング」とは『学生間で就職先として認知されること』と弊社では定義づけています。

CMなどをすれば、企業名や商品名は認知される可能性はありますが「採用ブランディング」のアップにはなかなか結びつきません。

今回は就職先として学生に認知され、その認知度を高めていくためにはどうすればいいのかについて考えたいと思います。