交渉役に役者12人 三井物産が挑んだ新卒採用合宿とは

 10月に2018年入社の新卒の内定式を開いた三井物産は、17年から年間を通じた採用活動を始めた。これまで新卒採用は6月が大半だったが、夏にも選考を実施。8月には初めて合宿形式での採用を実施した。海外での面接や中途採用など人材確保に向けた戦略について人事総務部の古川智章人材開発室長にたずねた。

 ――合宿形式での面接を始める狙いはなんですか。

 「横並びの採用活動に一石を投じたかった。多くの企業が経団連の指針に合わせて6月に選考を始め、数日間で一斉に面接を実施して内定を出している。それよりも時間をかけて、企業と学生がお互いを理解した結果として採用につながるようにしたいと考えた」