2017/05/02

企業の人事部門でも進むデータ活用。どんなことが分析できるの?

企業における人事部門においては、従来、エントリーシートや職務経歴書、面接や評価面談やなどから得られる定性的な情報が頼りにされてきました。しかし、ここ数年で進化した機械学習・人工知能(AI)などのテクノロジーを用いて、定量的な分析を元に人材の評価や育成、配置を試みる動きが出てきており、HRtechなどとも言われ、注目されています。

今回は、戦略人事クラウド「HRMOS(ハーモス)」を提供する株式会社ビズリーチの事例をまじえて、人事領域でのデータ活用の可能性と、人事担当者に求められる知識・スキルについて考えてみたいと思います。