会社にぴったりな人材の応募が集まる、求人広告の作り方

採用市場では売り手優位の状況が続いています。入社後に活躍する人材を採用するには、求人広告を活用して、多くの人材にアプローチすることが欠かせません。しかし、こうした求人広告作りのノウハウは、これまであまり公にされてきませんでした。

求人広告は求職者とのコミュニケーションの手段の1つ。コピーや写真を1つ変えるだけで、会社にぴったりな人材の応募を増やすことも可能です。@人事では、株式会社ONE(オーエヌイー)で求人広告事業の責任者を務める、樋口寛之氏に取材。求人媒体の選び方から訴求ポイントの見つけ方、求人広告のコピーやビジュアル面の工夫まで、実践的なテクニックを聞きました。