2017/08/02

内定率8割も3人に1人が継続

2018年卒業予定の大学生の内定率が約8割に達し、就職活動は終盤に向かいつつある。一方、1社も内定を得られなかったり、内定先に満足できなかったりして就活を続けている学生も3人に1人程度おり、専門家は「最後まであきらめないで」と呼びかけている。(恒川良輔)

「もっと自分に合う企業あるのでは」

 就職情報会社「リクルートキャリア」によると、7月1日時点の内定率(速報値)は78.6%。選考が解禁になった先月1日時点から1か月で16.7ポイント上昇し、前年同期より7.5ポイント高かった。