北海道庁内定辞退者が6割、人手不足が原因? 人気の公務員でも採用苦戦

 北海道庁の内定辞退者が6割に達したことが大きな話題になっています。かつて公務員は安定している代わりに給料が安い仕事の代名詞でしたが、民間の給料が下がったことで公務員は今や高給取りです。人気の公務員で内定辞退者が続出しているのはどうしてなのでしょうか。

 北海道庁は2017年度の採用試験で採用予定者を大幅に上回る人数を合格させました。内定を辞退する人が6割にも達しており、これを見込んで採用者数を決めざるを得ないというのがその理由です。北海道庁の内定を辞退した人がどこに就職したのかについて正確に把握する手段はありませんが、各種報道によると、北海道庁ではなく、道内の市町村に就職している人が多いとのことです。