2017/04/27

売り手市場でも、ソフトバンク採用担当が喜ぶわけ

携帯電話大手のソフトバンク。地方創生インターン「TURE-TECH(ツレテク)」、スポーツや学術などいずれかの分野で1位をとった学生を採用する「ナンバーワン採用」など、これまでもユニークな採用を実施してきた。新卒一括採用とは異なり、新卒・既卒を問わず、どんな時期でもエントリーできる「ユニバーサル採用」も2015年から導入し、採用状況は好調だという。採用・人材開発統括部の源田泰之統括部長にソフトバンクの独自の採用手法や戦略などについて聞いた。

■インターン応募者が1・5倍に

 ――17年の採用実績を教えてください。

 「17年度の新卒は、4月に390人入社しました。これから、7月、10月に入社してくる人もいます。中途で100人、トータルで500人というのが17年の新卒と16年度の中途採用の目標だったので、かなり順調に採用ができた、と手応えを感じています」