2017/02/21

大企業を上回る魅力と可能性を備えているのは、「性格のいい会社」だという考え方

『いい人材が集まる、性格のいい会社』(佐藤雄佑著、クロスメディア・パブリッシング)の著者は、リクルートキャリア、リクルートエグゼクティブエージェントで、12年以上にわたり人事・採用の仕事に関わってきたという人物。

立場上、大手企業や有名企業以外の会社の経営者や人事担当者から、「うちみたいな中小企業には、いい人なんて来てくれない」というような悲観的な意見を聞くことが多かったのだそうです。事実、新卒の就職ランキングを見ても大手・安定企業が並び、いわゆる外見で選んでいる人が圧倒的。転職においても、20代から30代前半まではそんな傾向が強いといいます。

では、大手企業や有名企業以外の会社ではいい人材を採れないのかといえば、答えはNO。中小・ベンチャー企業が大手企業と同じことをやっていたのなら、いい人材を採用することは不可能。しかし「外見で勝てないなら、性格で勝負するしかない」という考え方で、これは本書のコンセプトなのだそうです。でも、そのためにはなにをすればいいのでしょうか?