2017/02/09

大学生のPC所有率は9割、一方で7割がPCスキルへの自信なし

NECパーソナルコンピュータ株式会社は7日、大学1~3年生と就職活動を経験した大学4年生、新卒採用に携わった人事採用担当者を対象にPCの利用に関する意識を調査した結果を発表した。

大学1~3年生のPC所有率を見ると、「自分専用のデスクトップPCを持っている」「自分専用のノートPCを持っている」「家族共有のデスクトップPCを持っている」のいずれかを回答したのは92.7%に上った。また、大学4年生でも95.4%と、大学生全体で9割以上がPCを所有していることが分かった。

Word/Excel/Powerpointなどを使用する資料作成スキルに対する意識としては、大学1~3年生では96.8%、大学4年生では95.6%がPCスキルの必要性を感じると回答。一方で大学1~3年生の75.7%、大学4年生の70.7%が自身のPCスキルに自信がないと回答した。

新卒の採用担当に携わったことのある社会人を対象に、新入社員のPCスキルを聞いたところ、全体の57.2%がPCスキルの不足を感じると回答しており、学生が感じるPCスキル不足を裏付ける結果となった。