2017/12/15

学生からの内定辞退を防ぐ、心理学を応用した4つの対策

この時期、採用担当のみなさま方は、内定者からの電話やメールが来るたびに寿命が縮む思いをなさっているかと思います。基本的に内定者が自社に用事があるケースというのは滅多にはないわけで、内定者からの連絡=悪い知らせであることがほとんどです。私自身、かつて採用担当をしていた頃には、内定辞退の連絡を受けた後、応接室に10分ほどこもってふさぎ込んだ経験もあります。

そこで今回は「内定者からの内定辞退をされにくくするためにはどうすればいいか?」というお悩みに対し、心理学の手法を応用した対策をご紹介してまいります。