2017/09/11

就活に有利なはずが 出遅れる留学組の悩み

 「せめて8月解禁だったらチャンスがあったのに」――。海外留学から帰国して就活に挑む学生が苦戦している。語学力や海外経験は就活で有利なはずなのに……。大きな要因の一つは経団連が時期を早めた6月解禁の選考スケジュールだ。帰国したときにはすでに就活シーズンが始まっていて、その出遅れを挽回できないでいる。

■企業側「6月中に採用終えたい」

 7月中旬、早稲田大学と大阪大学に約300人の学生が集まった。やや「季節外れ」にも映るリクルートスーツに身を包んだ学生もいる。