2016/11/02

就活中の“既卒者”のうち約4割は、在学中に内定を獲得していた

 就活中の“既卒者”は“未内定者”にあらず。新卒で入社した会社を退職したり在職しながら再び就活する若者が増えていることが、マイナビ(東京・千代田、中川信行社長)の実施した「2016 年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査」で分かった。

 大学や大学院等を既に卒業している就職活動者(既卒者)を対象に行った調査によると、在学中に就職活動をして内定を得ていた人は37.2%で、前年に比べ4.4ポイント増加した。

 在学中の活動状況を聞くと、「在学中に就職活動をした」既卒者が76.1%、「活動をしなかった」既卒者は23.9%と、前年同様、約4人に1人は在学中に活動を行っていない。